社労士業務の実際

社労士は、1号2号業務として社会保険手続き、給与計算、労務相談にかかわる業務を担当するスペシャリストであります。この1号2号業務は、社会保険労務士の資格を持っている人のみが出来る業務となります。海外赴任規程・ Read more »

就職試験での一般常識問題の対策

就職試験では、一般常識が筆記試験の段階で出ることがあります。どういった勉強方法が Read more »

就職の内定辞退の方法とは

就職活動では、内定をもらうことを目的としていますが、内定を辞退しなければいけない状況も少なくありません。いくつかの会社の面接を受ければ、複数の会社から内定をもらえることもあります。当然ながら、最終的に勤めることができる会社は1つであり、残りの内定は辞退することになります。 Read more »

洋服屋で働いた経験談

街にいくつかあるデパートの洋服屋で働いていたことがあります。洋服が好きで、仕事をするなら好きな洋服を扱えるお店がいい!とずっと思っていました。運良く働いてみたいと思っていた洋服屋で正社員を募集していて、ほどなくそこで働けることになりました。もちろん正社員としてです。
Read more »

圧倒的に不利だけど、転職したい

今の大学病院を辞めたいなと思って、早3ヶ月経ちました。だって残業は月80時間を越えてるし、休みの日でもバンバン電話がかかってくるし、精神的に辛いです。新人研修で入った大学病院だけど、将来性もないし自分もまだ30代前半のうちに転職したいと考えてたんです。

転職を考えたとき、自分に向いてる医科って何だろうと思いました。今の医科は外科だけど、本当は人見知りで事務作業のほうが得意なんですよね。だから、事務系で中途採用してくれるところがあったらベストなんです。

そうは言っても、事務系ってなかなか求人がありません。特にわたしは簿記の資格もないし、事務職の経験もないのが不利なところです。今から簿記の資格をとっても、経験者優遇の中途採用では相手にもされません。

それでも、毎日ハローワークのホームページで医師の求人情報をチェックしたり、簿記の勉強をしています。しないよりはしておいたほうが、何かのアピールになりますから。

働きながらの転職だけど、頑張らないといけないです。今度の日曜日は面接があります。緊張しているけど、外科で培ったポーカーフェイスでがんばるよ。医師紹介会社はこちら!

転職での面接のポイント

面接の前に何を聞かれるか考えていきますよね。特に志望動機をしっかりと伝えることがポイントです。応募先の企業のホームページやパンフレットを見て社風や今何に力を入れているのかなどを確認し、志望動機では具体的に何をやりたいのか、どうしてこの企業でなければならないのかを伝えます。 Read more »

「理想の仕事」と「自分に合う仕事」は違う

新卒で入った専門商社を1年で辞め、アパレル販売職への転職が決まったときのことです。
事務職だった私が未経験にも関わらずアパレル販売職を選んだのは、ショップ店員に対する「憧れ」だけが理由でした。
店舗へ配属される前日に、新人研修に参加しました。
Read more »

海外でスムーズに就職する方法

海外に留学し、学びながら必要な情報や知識を得た上で就職をするという方法が、海外での就職では定番といえます。留学して Read more »

面接におけるアドバイスとコツ

面接では緊張してしまって、面接官の質問にうまく答えることが出来なかったことが多々あります。質問をされた時にどう答えるべきか一通りシミュレーションを済ませていたはずなのに、いざその場所に立ったら話せなくなる人もいます。 Read more »

看護師資格は伝家の宝刀なのか?

看護師資格というのはどれほどに強みがあるのか?

看護師は人間とのつながり、これは人類が存在する以上避けては通れない。医師もそうでありたいが、看護師の前に出るとどうだろう?看護師免許もそうだが、医師免許もこれは検定試験。選抜試験ではない!歯科医師免許合格率33%という私大があるそうだがこれは問題外としよう。看護師も看護婦と Read more »