職場見学をしてみて

アナタは将来自分が就きたい仕事というのはすでに明確になっていますでしょうか?
私は小さい頃からやりたい仕事が明確になっていました。 Read more »

転職は自己PRが全て

1.転職回数の多さも関係なし
看護師であっても転職している回数が少なくないと印象が悪くなるかというと、必ずそうだとは言うことができません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージをつけることもできますね。
Read more »

CBネットの求人数

CBネットの求人数は、約30000件あり、そのうち約5400件が非公開求人で、その数はかなり多いです。全国的に展開していますが、中でも、札幌、仙台、埼玉、東京、船橋、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、松山、福岡などの地域は力を入れています。CBネットは、スカウトシステムがありますが、ここでは参加している医療機関が多く、情報を詳細に把握しているので安心です。サイト運営の株式会社キャリアブレインがしっかりしていて、4万件以上の膨大な医療機関の情報を内部事情まで詳細に把握しています。看護師求人サイトは色々ありますが、CBネットを運営する株式会社キャリアブレインは、看護師、医師、薬剤師、介護職などの医療機関を専門に取り扱っています。規模も大きく、北海道から九州まで日本全国に支社を展開していて、膨大な情報と共に多くの求人数を提供しています。様々な経験を培ってきたコンサルティングが、それぞれのニーズに応えて、ピッタリの求人を探してくれます。CBネットは求人数が多いだけでなく、認定看護師を取得したい、未経験でも採用してもらいたい、教育制度の充実したところを探している、などの希望を叶えてくれます。

看護師の職場

1.病院以外の職場
修学旅行やツアーなどに随行して、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいるものです。
Read more »

面接で不採用にならないために

薬剤師の採用条件、確かにスキル、経験があれば言うことはありません。
でも、採用する側にとっては一般社会と同じだということがわかりました。

挨拶、笑顔、相手が患者さんであり、色々な人がやってくるのが薬局。挨拶ができない、笑顔が少ないと患者さんも不安になります。
そういう観点からこの要素は非常に重要になってきます。

Read more »

40代が中途採用されるには

40代の看護師が中途採用されるには、それなりに看護師としてのスキルが必要になります。考え方が柔軟で適応できて、コミュニケーション能力がある人が、40代で採用されやすい人になります。 40代の看護師が中途採用されるためには、経験はもちろんですが、何より、人柄が大事になってきます。ある程度、年齢を重ねた看護師は、中途採用の場合、扱いにくい側面があるからです。職場に年上の経験者が入ってくると、どうしても周囲は気を遣います。年長者の新参者は、扱いにくさがあります。それゆえ、40代の看護師が中途採用されるには、新しい職場に順応できる柔軟性が求められます。年下の先輩看護師や管理者ともうまくコミュニケーションがとれる適応能力がポイントになります。40代の看護師というのは、年齢的な厳しさがあり、中途採用されるには壁があります。40代になると、年齢制限で引っ掛かることもよくあります。もちろん、40代でも採用してくれる職場はいくらでもあるので諦める必要はありません。熟練した看護師を望む病院に採用されれば、好条件で働くことができる可能性もあります。好条件で転職して、自分の経験が生かせる職場に転職したいなら、転職支援サービスがおすすめです。コンサルタントが親身になって探してくれます。

20代の賢い転職

20代の賢い転職は、その若さを最大限に生かすことにあります。20代の転職はチャンスがあちこちに広がっています。20代の転職が有利なのは、年齢が若いところです。専門的な知識や経験を必要とする仕事の場合、若さは不利になりますが、長い目で見た場合、やはり年齢が若いというのは有利です。一般的な企業は、20代を歓迎する傾向にあります。年齢に応じて給与は支払われるからです。20代の転職は有利なので、若さを武器にして賢く転職しましょう。ハローワークをベースにして、転職サイトを積極的に活用することです。20代の転職は、ハローワークでもある程度探せるのですが、希望の職種に巡り合うためには、転職サイトを活用すべきです。転職サイトに登録なすれば、自分に合った職種や希望の給与、勤務形態などを探しやすいです。20代の転職で注意しないといけないのは、コミュニケーション能力です。会社は、コミュニケーション能力が高い人材を求める傾向にあります。最近の若い世代は、ネットの影響で、人とのコミュニケーションが苦手な傾向にあります。20代だからこその若さと熱意、そしてコミュニケーション力をアピールして賢く転職しましょう。

勤続年数

1.転職の回数は悪材料にはならない
他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると悪いイメージにつながるかというと、そうであるとは言い切れません。
自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといったイメージをつけることもできますね。
Read more »

条件が良いと倍率が高くなる

1.面接で陽気なイメージを持たれることです
言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志願者数も多く競争率があがりますので、緊張感を失わず不足なく対策をたてて面接試験に行くようにしてください。
TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。
Read more »

役にたつことを教われる

看護師の資格をとるための国家試験は、年に1度あります。看護師が足りないことが問題視されている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高い水準をキープしています。

看護師の国家試験は、大学入学のような不合格指せるための試験ではなく、一定のラインに達することができれば合格することができる試験です。

シゴトを探す時に、まず、考えつくのがハローワークだと思います。ハローワークに行くと分かりますが、看護師の求人情報がたくさん集まっています。
看護師転職 悩み

スタッフに求人相談したり、転職に役にたつことを教われるなどのメリットがあって良いのですが、条件がいい求人情報がほとんどないというデメリットについても覚えておいてちょーだい。

日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均すると437万円ほどです。しかし、国、市、県立の公立病院ではたらく看護師は、公務員としてシゴトをしているため、年収は平均593万円ぐらいになります。