採用担当者の評価を高める面接時の答え方

就職の面接で成功するためのポイント

大抵の企業では、採用決定に際して、まずは書類による選考をして、それから面接を行っています。

第一関門となる履歴書などの書類作成は、じっくり考えながら準備することが可能です。しかし第二関門の面接は、修正が効かない一回限りの重要な場となります。そのため本番で自分のやる気や思いをしっかり伝えられるよう、事前の準備が大切となります。

面接では採用担当者の方から様々な質問を受けますが、その中で必ず質問される内容は、志望動機と自己PRです。この質問にどのように答えるかで、採用担当者の評価を高めることができるでしょう。履歴書にも、自己PRや、志望動機がかける場所がありますが、文字数を絞らなければ書き切ることはできません。

面接ではその内容を基に、より具体的な内容をプラスして伝えることができるように、事前にしっかり準備しておきましょう。志望動機は、その会社や職種を選んだ理由の説明に、具体的なエピソードを交えると説得力が増します。自己PRにおいても、自分の長所を過去のエピソードに基づいて伝えることができれば、評価も得やすいでしょう。

面接は誰でも緊張するものですが、しっかり準備しておくことで、余裕をもって臨むことができるようになります。面接対策用の書籍や、就職支援の情報サイトなどを閲覧することで、面接の対策方法や、よくある質問についての事前情報が得られます。

■合わせて読まれている記事

英語のスキルは必須になってきているので、
就職前の時間に余裕があるうちに英語の勉強は済ませておきましょう!

英会話 本 おすすめ

Both comments and pings are currently closed.