薬剤師の現実

最近、薬剤師の仕事に嫌気がさしているというNさん。
人の命に関係する仕事に就きたく薬剤師になったというのです。ところが、実際に働いてみるとそんなに理想通りにはいかないものです。Nさんは大手の薬局に勤務が決まり、希望を胸に働いていたのですが、そこで経験したことは理想とは離れたものでした。

医師に処方された通りの薬をそのまま調剤して患者さんにお渡しするだけ。
ミスをしたものなら、同僚に責任を押し付けてしまう始末。
さらに置いていない薬については平然と断る。

現実があまりにも理想とかけ離れていたため、Nさんはしばらくして転職したそうです。
薬剤師と一言で言っても職場によって様々です。

このように機械的な職場もあれば、地域密着型で、住民に寄り添っている薬局もあります。
転職する時には自分はどんな職場を求めているかをしっかり認識することが転職成功の道になります。

転職するときには今では求人サイトを利用する人が多くいると思います。
成功の道は自分はこういう理由でこんな職場に転職したいということを求人サイトのプロに伝えるべきです。

薬剤師求人サイトのおすすめ

Both comments and pings are currently closed.