面接に合格するコツは挨拶にあります

人間の印象は、最初の3秒で決まると言われています。3秒と言えば、面接会場に入室してすぐの時間ですよね。ということは、この入室した瞬間こそが実は勝負だったりするのです。

そしてこの勝負の瞬間にしくじってしまうと、後は残念な結果が待っているだけとなります。そうならないためにも、この最初の3秒間をいかに乗り切るかが重要になるわけなのです。これこそが合格するコツなのですね。
それではこの最初の3秒間に、求職者は何をすれば良いのでしょうか。3秒間というと本当にあっという間です。出来ることには限りがあります。しかし、この3秒間こそ絶対にしなければならないことがあるのです。そのしなければならないこととは、挨拶なのです。
面接に合格するコツは、この挨拶にかかっていると言っても過言ではありません。ここで元気な挨拶、爽やかな挨拶、好印象な挨拶をすることで、面接官は「この人間は良い人だ」と感じ取ります。すると、その後の面接でも自分の第一印象を確認するための質問や思い込みをしてしまうのです。一方で陰気で元気の無い挨拶をすれば、当然印象は悪くなるだけです。
面接で合格する方法とは、このように最初の3秒間の挨拶を心掛けるようにするだけです。後は勝手に面接官が良い方に感じ取ってくれるようになりますから、面白いように朗報が聞かれるようになりますよ。
入室するパターンでしたら元気に深々と挨拶を、部屋で面接官を待つパターンでしたら立ち上がって元気に挨拶をすれば好印象になるでしょうね。

Both comments and pings are currently closed.