転職での面接のポイント

面接の前に何を聞かれるか考えていきますよね。特に志望動機をしっかりと伝えることがポイントです。応募先の企業のホームページやパンフレットを見て社風や今何に力を入れているのかなどを確認し、志望動機では具体的に何をやりたいのか、どうしてこの企業でなければならないのかを伝えます。面接において漠然とした答えは説得力にかけます。夢や理想を語ることはもちろん大事ですし、希望をもつことも大事です。しかしそれはまだ20代の若い世代での転職の場合です。30代から上の世代ともなるとある程度の社会経験があり、自分の能力を把握してきているはずです。企業としても即戦力として見ているので自分に何ができるのか、自分が入ることで会社にどういう変化をもたらすことができるのかといったことをアピールしなければなりません。あくまでも企業の事業内容・仕事内容に照らし合わせたものである必要があります。役職や給与、休日などの待遇面を押し出すような志望動機はNGです。また30代の方はこれまでの社会経験の自信から、上から目線にならないように気を付けることもポイントです。

Both comments and pings are currently closed.