勤続年数

1.転職の回数は悪材料にはならない
他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると悪いイメージにつながるかというと、そうであるとは言い切れません。
自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといったイメージをつけることもできますね。

とは言っても、勤務の年数があまりにも短いと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合もあるでしょう。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。
それに、3ヶ月ぐらいは使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。
急いで決めた仕事だと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。
以上から、自らの希望の条件をクリアにしておきましょう。
あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなり多いです。
配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を選択した方がいいでしょう。
いずれ育児をする気であれば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をすると生活しやすいですね。
ストレスが蓄積されていると子どもを授かりにくくなるので、気をつけましょう。

2.16時間連続勤務
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志願の根拠です。
どうしてこの仕事場がよいのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。
たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか労働条件のメリットを出すよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やる気を印象付ける言い方をしたほうが通過しやすいようです。
看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。
看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが見つかると良いですね。
子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を見つけられるといいですね。
看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。
看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには紹介されないことが多数あります。
看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、気になる組織風土などが確認できたりします。
こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを依頼することも可能です。

3.福祉移設でもニーズはある
世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは広がってきているのです。
また、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。
こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年させてしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しているものです。
病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。

Both comments and pings are currently closed.